妊婦外来

堀病院

産婦人科

妊婦外来

妊婦検査について

こんな時に妊婦検査を受けましょう

  • 妊娠検査薬では陰性の判定が出たが、月経(生理)が1か月以上遅れている。
  • もともと生理不順で、妊娠に気づかなかった。妊娠検査薬では、陽性の判定が出た。

妊娠検査のタイミングは、毎月規則正しく月経がきている人で、1~2週間以上遅れた場合などが目安となります。
ただし、妊娠3~4週ごろの早い段階ですと、医師による内診や検査でも、きちんと結果が出ないこともあるので注意しましょう。
また市販の検査薬の判定結果はあくまでも参考程度に考えることが望ましいです。
検査薬で妊娠がわかった場合でも、子宮外妊娠などの異常妊娠の可能性もあるので、正常妊娠かを確認するためにも専門医の診察は欠かせません。

診察の流れ

診察の流れは以下のようになります

  1. [1]受付
  1. [2]問診票の記入
  2. 問診票では受診の目的(妊娠の診断・避妊/妊娠の相談・検診希望 等)、体調の変化の有無、月経に関する質問、妊娠・出産経験の有無などをお伺いします。
  1. [3]尿検査
  2. 診察の前にホルモンの様子を調べるために尿検査を行います
  1. [4]医師の問診
  2. 医師による問診にて、現在の状態や症状などを詳しくお伺いします。
  1. [5]医師による内診・触診
  2. 医師が直接膣の中に指を入れ、子宮や卵巣などの状態を調べます。
    子宮の位置や大きさ、形、やわらかさなどを確認し、子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵巣がんの発見にも役立ちます。
  1. [6]超音波検査
  2. 超音波を体にあて、はね返ってくるエコー(反射波)を画像化して、子宮や卵巣などの状態を調べます。
    超音波を発するプローブ(探触子)をおなかの上から当てる経腹(けいふく)法と、指の太さほどのプローブを直接腟内に入れて行う経腟(けいちつ)法があります。
    検査で得られる情報はモニター画面に映像として表出されて、検査結果はその場で説明されます。
  • ※妊娠検査は基本的に自費診療となります

妊婦外来のご案内

お母さんが笑顔で子供に語れる良いお産を目指して、お母さんと赤ちゃんに寄り添う心を大切にしています。

妊婦外来(2週間健診)

  • 運営の基本

退院後のお母さんの産後の体調が順調に経過し、赤ちゃんのことや母乳に対する不安がないか確認し、支援することで育児がスムーズに行われ母児の愛着形成を育むことができる

  • 対象となる方

産後5~21日までのお母さんと赤ちゃん退院時に予約日をお知らせします。
横浜市、座間市、綾瀬市の方は補助券があります。それ以外の方は健診代がかかります。

  • 診察相談内容
  1. 1. 悪露や子宮の収縮、創部の状態の確認(異常があれば医師の診察に回します)
  1. 2. 赤ちゃんの体重のチェックと母乳の飲み取り量や母乳不足感、母乳トラブルの相談
  1. 3. 育児の対する不安の相談
  1. 4. 心のアンケートや赤ちゃんに対する気持ちのアンケートを用いてメンタルヘルスのケアを行う
  • 場所と時間
  • 月・水・金  13~15時30分までの予約制
  • 2階保健指導室助産師外来で行っています。
  • 持ち物
  • 母子手帳、退院時予約日をお知らせする時に渡した心のアンケートを記入
  • 2週間健診の補助券
  • 補助対象外の方は健診代5000円かかります。
  • 赤ちゃんの着替え・オムツ・ミルクなど