院長挨拶

堀病院

院内紹介

理事長挨拶

医療の質(quality)、おもてなし(hospitality)、アメニティ(amenity)

理事長 五來逸雄
理事長 五來逸雄

皆様に当院をご利用いただき御蔭様で開院59年目を迎えました。
開院以来の当院の理念は患者様に寄り添い安全、安心な分娩をして頂くことです。分娩は新しい家族の誕生という生涯における大きなイベントで,その後の人生を左右することがあります。このイベントのお手伝いを出来ますことはスタッフ一同の大きな喜びです。私たちが務めていることは医療の質(quality)、おもてなし(hospitality)、アメニティ(amenity)の3つです。これらが満たされて初めて皆様に満足して頂けます。

医療の質では現時点で患者様のために最良の医療を実践します。お産には個性があります。帝王切開後や骨盤位の経腟分娩を含めて、母体、胎児に最も安全、安心な分娩の方法をご本人、ご家族の皆様とお話しをして決めます(informed choice)。

経腟分娩も帝王切開のどちらも同じお産です。おもてなしでは患者様に対するお心遣いを大切にして、患者様がご希望するサービスを先取りして提供する努力をします。最後のアメニティでは病院内にいるだけで心地よさ、幸福であると感じる環境作りに励みます。
現在、少子化が社会問題です。当院は妊娠、分娩後、育児を無理なく過ごせるようにサポートします。皆様からのご相談をお待ちしております。

当院のスタッフはそれぞれの場にて日夜患者様のために努力しております。改善点など何かありましたら直接スタッフに、あるいはご投函下さい。
外来、病棟で皆様にお会いできますのを楽しみにしております。